年が明け……

出演者の何人かを横浜駅まで送り迎えしていると、
今日から三が日が明けて徐々に世の中が動き始めたように感じました。
学校なども明日からスタートするそうですし。

ここ一週間は書類作り程度に他の仕事を抑えるこができたので、徹底して劇と向き合いました。
2日から1幕ずつを完成させて、今日で最終幕を終えました。
明日はいよいよ全幕通し稽古です。
思った通りの2時間半になるか、いまからソワソワしています。
一晩のうちに修正するべきところがないかどうか、思案し続けてもいます。

暗いところと軽快なところ、その共存がキモです。
時に文学的な死の香りが漂い、同時に、バカバカしいコントの匂いもして、
全体的に騒ぎに騒いだ舞台になったら成功です。
1幕から3幕終盤まで道行きして、ああ遠くまで来たなあ、と主人公たちと思いたい。

元旦は息子とも少し向き合い、公園に連れて行ったりしました。
きっと義丹さんを育てながらこの劇を書いていた、唐さんのことも考えたりして。

[PR]
by nakanoatsushi | 2018-01-04 23:48
<< 場当たり 『あれからのジョン・シルバー』... >>