『実朝出帆』と年度のおわり。

年末年始の稽古に追われた『あれからのジョン・シルバー』が終わってこの方、
次の劇の準備に追われてきました。
山崎正和さんの『実朝出帆』を、神奈川県秦野市で上演する企画です。
これは神奈川県と秦野市による企画で、何人か唐ゼミのメンバーも出演していますが、主力は県内の若手を集めて行う公演です。
新国立劇場研修所出身の清水優譲くんを中心に、座組をつくりました。

秦野の東田原地区という場所には、実朝公の御首を祀った塚があって、市内の小学生はここを訪れることになっているようです。
毎年11月には「実朝まつり」が開かれ、去年の開催では、序盤の雨にも関わらず数千人が集まっていました。
246からヤビツ峠に向かう道を少し西にそれたところにあるこの場所は、山々と農業用地に囲まれ、観光地化されすぎていない魅力があります。
この場所で、劇を上演してみようと思いました。

初日には300人、2日目も200人を超えるお客さんが集まってくれました。
そして、一緒に寒さや風と闘って、2時間の劇を貫いてくださいました。
現在、片付けの日の未明ですから、あと1日撤収作業をして、このチームは一旦解散です。

今年度から、自分の持っている小さな会社で神奈川芸術劇場から仕事を受けるようになりました。
劇団や県による公演づくりの他にも、短編演劇祭や県内の若手である820製作所という劇団を担当をしたり、ベトナムからサーカスを招聘しました。
あと少し、年度末、締めの作業を終えたら1シーズンが終了します。

最近は派手な日々が続きましたので、ようやく、
中途にしていた「芝居の大学」の原稿整理やこれからの作品準備に、落ち着いて取り組む時間が回復します。

[PR]
# by nakanoatsushi | 2018-03-19 05:01

残すところ3ステージ

今日も1時間後に幕を開けます。
いまはみんなで劇中歌の確認中。
このあと全体集合して最終確認を行い、
本番になだれ込みます。
この回からは特にお客さんの入りに恵まれましたので、
本番前後の動きも念入りに打合せ。

[PR]
# by nakanoatsushi | 2018-01-19 12:55

場当たり

本日は1幕場当たり。
場当たりは苦しいし、時間もかかる。
が、上手くいけば効果てきめんの作業である。
最短距離でいかなければ時間切れになるというスリルもある。

なんとか今日をやりおおせて
明日は朝から2幕、昼すぎから3幕に臨む。
場を当たっていると科白も動きもよくなる。
ここでの1時間が、普段の何日分もの匹敵する。
あと二晩で、久々の本です。

[PR]
# by nakanoatsushi | 2018-01-11 00:36

場当たり

本日は1幕場当たり。
場当たりは苦しいし、時間もかかる。
が、上手くいけば効果てきめんの作業である。
最短距離でいかなければ時間切れになるというスリルもある。

なんとか今日をやりおおせて
明日は朝から2幕、昼すぎから3幕に臨む。
場を当たっていると科白も動きもよくなる。
ここでの1時間が、普段の何日分もの匹敵する。
あと二晩で、久々の本です。

[PR]
# by nakanoatsushi | 2018-01-11 00:36

年が明け……

出演者の何人かを横浜駅まで送り迎えしていると、
今日から三が日が明けて徐々に世の中が動き始めたように感じました。
学校なども明日からスタートするそうですし。

ここ一週間は書類作り程度に他の仕事を抑えるこができたので、徹底して劇と向き合いました。
2日から1幕ずつを完成させて、今日で最終幕を終えました。
明日はいよいよ全幕通し稽古です。
思った通りの2時間半になるか、いまからソワソワしています。
一晩のうちに修正するべきところがないかどうか、思案し続けてもいます。

暗いところと軽快なところ、その共存がキモです。
時に文学的な死の香りが漂い、同時に、バカバカしいコントの匂いもして、
全体的に騒ぎに騒いだ舞台になったら成功です。
1幕から3幕終盤まで道行きして、ああ遠くまで来たなあ、と主人公たちと思いたい。

元旦は息子とも少し向き合い、公園に連れて行ったりしました。
きっと義丹さんを育てながらこの劇を書いていた、唐さんのことも考えたりして。

[PR]
# by nakanoatsushi | 2018-01-04 23:48