一月あいてしまった。

前回の更新では大阪にいたのか。
あれから一月。
ステージ・トレーラーのある北加賀屋の倉庫の周りをウロウロしていたのがはるか昔のよう。

6月18日には横浜に戻り。
20日には現場入りをし。
天候にビクビクしながら3回の公演を無事終えて。
それが終わったと思ったら、名古屋→新宮→名古屋と渡り歩き。

現在は7月がはじまって丁度10日。
横浜の自宅で平穏な日々を過ごしています。

読まなければならない資料や台本がいくつかあり。
ぼちぼち劇団の集まりの頻度を上げて、
秋の公演に備えてもいます。

今年は10月の前半に劇団公演をする予定です。
[PR]
# by nakanoatsushi | 2016-07-11 01:20

大阪の日々

5月31日から、大阪に来ています。
戻るのは6月18日。

やなぎみわさんのトレーラー演劇プロジェクトのスタッフをやっているのですが、
トレーラーを使っての稽古を、大阪の倉庫で展開しています。

6月2〜3日かけては、もはや勝手知ったる新宮にも行きました。
初めて大阪・和歌山方面から向かったので、山の中を運転して興奮しました。
帰りの途中、鹿3頭が走り去っていったりして。
まるで、もののけ姫の世界。

運転ばかりしてバテバテになっている自分を気遣い、
老婆役で、普段はクラウンをされている「なななさん」がマッサージをしてくれました。

向こうキャストで、こっちスタッフなのに。
しかもこっちの方が年下なのに。

合宿体制の稽古場の温かさに、今日はもう寝て、明日から倍の情熱を持って応えようと決意しました。
日報も打ったし、これから銭湯に行って、22:30就寝目標!


唐ゼミの皆には、書き付けを残して来ました。
これを観てくれ、というDVD資料も。
自分のいない3週間を有効に過ごして、秋の公演の稽古に備えるべし!
[PR]
# by nakanoatsushi | 2016-06-05 21:13

遠足の日々。

最近は偶然にも、さほど遠くはない場所への移動が重なっています。

先日は甲府に行きました。
劇団はいま、中期目標として、資材一式をしまって置けるような倉庫を探しているのですが、
縁あってその候補が見つかり、初めて下見に行ったのです。
東名を海老名過ぎから圏央道に乗り換え、さらに中央道を進むこと計110分。
あっさり着きました。

下見の際はスペースの持ち主の方にいろいろと興味深い話を伺い、御馳走にもなりました。
かえってお世話にばかりなってしまって。
ありがとうございました。

帰りにはフルーツラインを通ってほったらかし温泉に行き、
ぶどうジュースの一升瓶を抱えて帰りました。

他に行った場所としては、浦和が印象的です。
浦和といえばこれまでレッズしか頭にありませんでしたが、
うなぎの名産地であることを初めて知りました。
ここでもやはり御馳走になり、
一度に食べる量としては人生最多のうなぎをざくざくと頂戴しました。
血液がうなぎのあぶらの充実感でいっぱい。
店員さんに聞けば、創業200年という大店でした。

あとは、たまプラーザやあおば台あたりをウロウロしたり、
久々に浅草や入谷を歩き回ったりしました。

今日はこれから、埼玉に行きます。
さらに連休中には、名古屋に行き、三重に行き、新宮にもまた行きます。
とにかく、運転には気をつけなければ。

劇団には新しいメンバーが少しずつ集まってきました。
嬉しいことです。
皆で台本を読み、また一人に立ち戻って読む。
ここでも、大きな発見の日々です。
[PR]
# by nakanoatsushi | 2016-04-30 06:16

初めての場所

神奈川芸術劇場に通って稽古を見せてもらってきました。
やなぎさんとの仕事も進んでいます。
劇団の方は、募集チラシが功を奏して、ちらほらと希望者が会いに来てくれるようになりました。

今日の午後、所用で上野毛駅に行きました。
よく車で横を通り過ぎるけれど、初めて降り立つ駅です。
待ち合わせをしたのですが、早く着いてしまった。そこで、駅前の喫茶店に入りました。昔ながらの、渋い喫茶店。

頼んだコーヒーを飲み干したあたりで気付いたのですが、そのお店では、入り口近くのテーブルに座った二人の女性が、ぽつりぽつりと会話を交わしては、基本的に目を閉じていました。
寝ている風でもあり、店内にかかる音楽に耳を傾けているようでもあります。
よく聴けば、かかっている音楽はバッハやアルビノーニでした。

あれが、名曲喫茶というものだったのでしょうか。噂には聞いていましたが、初めての経験でした。
多くの人が行き交う場で女性二人がじっと目をつむっている光景に、不思議な落ち着きを覚えました。

最近は少し緊張しながら生活しているのですが、良い時間でした。
待ち合わせの相手が少し遅れたことも、なんだか幸運に感じられるほどでした。
[PR]
# by nakanoatsushi | 2016-04-13 21:42

みんなで他流試合。

齋藤はさいたま芸術劇場に
重村、八重柏はツラヌキ怪賊団とドガドガに
熊野は子ども劇に
ワダは『夏の世の夢』に
禿は朗読劇に

出張中です。

自分は、神奈川芸術劇場に通って、
6月に公演する野外劇のスタッフをやっています。
『パノラマ』を一緒につくった、やなぎみわさんのトレーラー演劇をサポートするためです。
演目は、中上健次さんの小説『日輪の翼』を舞台化しようというもの。

おかげで今月は、
2度和歌山県の新宮氏に行きました。

実家の名古屋で車を借りて、4時間走ると新宮です。
熊野市が三重県にあることを初めて知りました。
熊野古道、鬼ヶ城、花の窟といった世界遺産を三重県が擁していることも、初めて知りました。
伊勢神宮、鳥羽の真珠、鈴鹿サーキット、世界の亀山のみならず、ここまで色んなものを持っていたとは。
すごいぜ三重県。

新宮では、早朝に神倉神社に登って日の出を見ました。
名古屋に生まれて横浜に暮らし、太平洋に親しんできたつもりでいましたが、
あくまでこれらは湾の内側。
紀伊半島の突端でむき出しの太平洋に接すると、
おお、向こう側にはオーストラリアがあるんだなあ、という感慨に打たれました。


肝心の唐ゼミは秋に向けて準備しています。
禿と津内口と椎野でチラシをつくって、団員募集を始めました。
応募、待っています。

これからはもっとブログ書きます。
[PR]
# by nakanoatsushi | 2016-03-27 10:41