通し稽古の日々

白旗神社に現場入りする日が近づいています。
昨日の稽古休みを越えて、
今日から日曜まで徹底した通し稽古の日々です。
その前後で、皆は衣装や小道具を煮詰め、
自分は役所や消防署に足を運んで、
様々な手続きを行います。

徐々に室内も卒業して、
週末にはいよいよ野外に出ての稽古も行います。
日照時間を最大限に活用するつもりですが、
これから寒さとの闘いです。



[PR]
# by nakanoatsushi | 2017-03-16 22:17

野外劇に備える

3月に入り、
急ピッチで『常陸坊海尊』の準備を進めています。

驚異のスピードで稽古を進めるために現場は大変そうですが、
劇を充実したものにするために激しく、厳しくやっています。
初心者も多いのですが、
そんな彼らが、いきなり津軽の言葉で、
しかも朗々とした科白を言っているのを、
面白く見ています。
どうせ劇をやるなら、壮大な劇をやろうというのが自分の考えです。
身体の芯が震えるような科白を強気で言った方が、
人間のスケールが大きくなると思うからです。

熱心で、優秀なメンバーが揃っています。
今後はこれに、生演奏も加えます。

早く最後のシーンまで一通り組み上げて、
何度も、何度も練り上げたい。
野外での稽古もしたい。

主催元である神奈川県が熱心に宣伝してくれていて、
地域の方や年齢層高めの方の予約が多くあります。
皆さんに喜んでもらえる、
コミカルで真剣な上演を目指しています。

[PR]
# by nakanoatsushi | 2017-03-04 08:11

2つの公演挨拶回り

最近、2つの公演の準備を同時に進めています。

2月23〜26日『こと〜築地寿司物語』@築地本願寺ブディストホール
3月25〜26日『常陸坊海尊』@相州藤沢白旗神社

2月8日には築地市場を回りました。
出演者の牧野さんと鵜飼さんが、それぞれ佃煮屋さんと海苔屋さんを営まれていますので、
お二人のガイドで場外で挨拶回り。
波除神社で安全祈願もしました。

方や、学生たちと行う『常陸坊海尊』公演の会場は藤沢本町、
本日10人のメンバーで、神社周辺や駅前からのルートを、
チラシやポスターを持って回りました。

両方とも晴れて、気持ちよく歩きました。
最近は稽古場でウンウン唸る日々なので、
ちょうど良い気分転換でした。

[PR]
# by nakanoatsushi | 2017-02-12 19:10

年末年始を謳歌して、2017年

年末年始を謳歌できました。
意地で謳歌してやりました。

『エル・シードの歌』『夜間飛行』『人間の土地』
『ピノッキオの冒険』『アエネーイス』
ダンテの『新生』
を読めました。
劇とは全然関係ない本、特に小説や叙事詩を読めた時に、
ぐっと幸せを感じてしまいます。

夜中に家を出て車を飛ばし、富士山を拝みに行ったりもしました。

いまや気力体力充実して、我が酉年をスタートさせています。

1月は、セミナー『芝居の大学』の仕上げに没頭
2月は、とっても美味しい築地玉寿司さんの戦中戦後時代を題材にした『こと〜築地寿司物語』を演出
3月は、藤沢の白旗神社で若者たちと野外劇『常陸坊海尊』を上演

という滑り出しです。

そして、その間も唐ゼミは、
これまで溜め込んできた資材の整理整頓を大規模に展開しながら、
2017年度 必殺の公演を画策していきます。
ご期待ください!

[PR]
# by nakanoatsushi | 2017-01-13 00:57

年末年始に望みをかける日々。

12月になってしまいました。
しかももう半分が過ぎている。

2月、3月に大物の予定が入ったので準備の日々です。
KAAT×横浜国大のセミナー「芝居の大学」のテープ起こしもしています。
17歳の頃の自分に演劇熱を吹き込んでくれた中根さんの話を噛み締めながら対談しています。
狭い演劇界ですから、もちろん中根さんにも何度か唐さんとの絡みがあって、
今まで知らなかった唐さんに出会えたりもしています。

学生時代に「自分が『オイディプス王』を演出するとしたら」という話を唐さんから聞きましたが、
中根さんによると、すでにその上演プランは70年代の初頭には組み上げられていたといいます。
そんな昔から!

9月末に生まれた息子はどんどん大きくなって、
当初の2倍の大きさになりました。
隣にいたぬいぐるみとほぼ同じ大きさだったのに。

日々の仕事をしながら、
先々の準備も細切れで行う毎日です。
ここにこれから年賀状もやってくる。

年末と年始の数日には、
落ち着いて読書したり劇の準備をしたいものです。

そうだ。来年は酉年の年男だ!
[PR]
# by nakanoatsushi | 2016-12-13 21:16