<   2016年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

公演がおわり

10月も終わろうとしています。

連日盛況だった『腰巻お仙〜振袖火事の巻』公演が終わって、
あらかた片付け物を終えると、
矢継ぎ早に、イベントの仕事で九州、久留米に行ってきました。

その後、先月下旬に子どもが生まれたので(男の子です)、
彼に会いに実家に帰ったり、
大学の室井先生と神奈川芸術劇場の眞野館長に持たせてもらった講座「芝居の大学」をスタートさせました。

今日の夜は、友人の関口忠相君が社長を務める芸能事務所「しいぼるとぷろだくしょん」が開講している、
「黒田勇樹の芝居塾」に行って、一コマ喋ります。
そう。自分がまだ中学生や高校生の頃、ドラマ『人間失格』や『ひとつ屋根の下2』で眺めていた黒田さんの講座です。
不思議な縁です。


初めての久留米でラーメンいっぱい食べつつ
せっかく実際の九州方言に触れる機会を得たので、
仕事の合間に秋元松代さんの『村岡伊平治伝』を読んでいると、
その向こう側に、唐さんの『ベンガルの虎』を感じました。

実家に帰って、すっかりお母さんとなった椎野の指導のもと、
子どもを沐浴させたり、庭の水道で洗濯板をつかっておむつを洗っていると、
先日までやっていた『振袖火事の巻』3幕でお仙が言っていた
「おしめとっかえたろか、なんて言っておくれよ」という科白が、
妙に耳元に響いてきます。

「芝居の大学」では、
11月からゲストとしてお迎えする中根公夫さんとの対談に備え、
受講生たちと、自分が高校時代によく観ていた蜷川さんの『王女メディア』や『NINAGAWAマクベス』を観ました。
その夜には平幹二朗さんの訃報に接することになりましたから、驚きました。
さらに気合いを入れて、中根さんをお迎えせねばならんな、と日々準備をしています。

ちなみに「芝居の大学」は、神奈川県内の大学生が受講対象なのですが、
生徒が思ったより集まっていないので、
昨日は久々に横浜市立大学の演劇部「海星館」に行って、
彼らのオリジナル・ミュージカルを観劇した後、
勧誘もさせてもらってきました。

そういうわけで、まだまだ人数に余裕があるので、
このブログを観た方で、受講希望の方、受講生にふさわしい人を知る方は、ぜひご一報ください。

あと、夏の『恋に狂いて』に引き続き、
横浜ボートシアターが民家で上演した影絵芝居『極楽金魚』を観ましたが、
これにも唸らされました。

そうしたことをしながら、来期を模索しています。
唐さんは前に、新聞か雑誌の取材の中で、11月を「祠(ほこら)の月」と表現されていました。
その心は、内に籠り、気を練り、来季を構想する重要な月、ということと思います。

これから、良き「祠の月」を過ごさねばなりません。
[PR]
by nakanoatsushi | 2016-10-31 07:23

今日が最後。

公演6日目。
最終日です。

大人気イベントスペースである新宿中央公園を借りるのはなかなか難しく、
一日の休演日も惜しいために、
こうして連続で走り続けてきました。

正直に言って、皆が皆、満身創痍の状態です。
立て込みからリハーサル、そして本番。
野外劇場での芝居は、かくも身を削ることを強いてきます。
もちろん、それだけの見返りがあるわけで、そのために自分たちは賭けてやっているわけではありますが。

今日は、最後のステージです。
これでようやく、文字通り後先考えない公演ができる。
人間ずるいですから、どんなにけしかけてもどこかで残りの日数を計算するもの。
でも、今日は、今日だけは、そんなもの取っ払ってしまえる。
それぞれがリミッターを外して、どこまでいけるか。
どこまで、自分のすべてを燃やし尽くせるか。

この公演の約一週間の間に秋も深まり、気温もぐっと落ちました。
でも劇場の中は、多くのお客さんたちで熱気に包まれるでしょう。

この場所でしかできない劇、自分たちしか挑まないだろう演目。
さあ、完全燃焼の時が始まります!
[PR]
by nakanoatsushi | 2016-10-12 08:26

真ん中だ。

昨日は3日目でした。
今回の6回公演にあって、折り返しです。
夜から吹いていた強風と未明から大雨で、
夜間の番をしていたワダタワーと新人の宮居はだいぶ苦労したようです。

しかし、集合の11時になるころには見事に雨も上がり、
少し客席スペースを拡張、それから稽古。
初日と二日目の勢いに乗って、
夕方からの公演に突入することができました。

外はちょっと肌寒かったですが、
三日目も場内満席で暖かく
いつも11月に公演していた自分たちは、
10月の素晴らしさを満喫しています。

ずぶ濡れ、血まみれの公演ですから、
終演後は延々、衣装の洗い物をして翌日に備えます。
睡眠時間は少ないけれど、短い公演期間、
なにより、念願叶った飛び切りの演目です。
一回一回が乾坤一擲の一撃でなければなりません。

さあ、今日から後半戦!
[PR]
by nakanoatsushi | 2016-10-10 07:48

初日が開きました。

秋晴れ。
いつも11月に公演してきた自分たちには天国のような気候。
たくさんのお客さんに恵まれて、
やっとやっと、初日が開きました。

多くの方に祝福や激励をもらった1日目でしたが、
まだまだ頑張りたいところ。
とにかく俳優が活躍しまくる演目なので、
もっともっと、
相手役やお客さんとの絡みの中で燃えまくってもらわないと。

今日も朝10時から集まって、
みっちり作業と稽古に明け暮れ、
2日目の本番にのぞみます。
お客さんの導線なんかももっと工夫して、
さらに素敵な公演にしたい。

天気が悪くなるそうですが、
雨の日には雨の日の、美しい上演がある演目です。

暗雲よ来い!
今日には今日の本番がある!!
[PR]
by nakanoatsushi | 2016-10-08 07:17

最終リハーサル!

心配だった台風も過ぎ去り快晴となりました。

稽古、作業ともにあとわずか、
いよいよとどめを刺すべく、
朝から張り切って作業しています。

夏が戻ってきたかのような気候で、
濡れたものが乾く乾く。


月曜に現場入りして準備を進めてきましたが、
元劇団員の安達くんが二日にわたり手伝いに来てくれたり、
『滝の白糸』で衣装を担当してくれたデザイナーの本永さんや
『日輪の翼』プロデューサーの髙樹さんが陣中見舞いに訪ねてくれました。

今日など、夕方に大久保鷹さんがふらりと散歩にやってくる(かもしれない)。

新人も多く、苦心した公演準備でしたが、
もう一息だという思い、周囲の応援、新宿という街全体が自分たちに勢いを与えてくれています。

ここで稽古していると、
たとえ時代が変わっても、
ああ、この芝居はここでやるために生まれきたのだとを痛感しています。

チラシに書いたように「愛と青春の嵐」ですから、
台風をビビらせるような旋風を巻き起こさないと。

夕方からゲネプロをして、明日が初日です。
[PR]
by nakanoatsushi | 2016-10-06 12:57