<   2015年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

東北から戻り、横浜公演に臨む。

先週の初めに東北から帰ってきました。

それからは何日か劇団を休みにし、大学業務をして、望月さんの劇団を観に行ったりして過ごしました。
秋の公演の台本を途中まで書いてもらっていますが、東北の最中いくつか関連資料に目を通しておいたので、改めて新鮮に読んでいます。
タイトルは『君の罠』。
昭和を代表するメロドラマ『君の名は』から望月さんが発想したものです。

さらに、去年からお付き合いのある栗本慎一郎先生のところに行ったりもしました。
先生の影響でテュルクとかスキタイとか、いままであまり聞き慣れなかった地名や国に興味を持つようになりました。
仙台で気分転換に東洋文庫を買って、『アルパムス・パドゥル』というテュルク英雄叙事詩を読んだので、その話をしたりして。

興味深かったのは、アルパムスが戦を前に興奮して、愛馬「シュバル」とどつき合う件り。
そういえば『蒼天航路』という三国志もののマンガで、呂布が赤兎馬とじゃれあって激しくどつき合うシーンがあったが、この影響じゃないかしら。
呂布は内モンゴルの出身だし、「シュバル」と「せきとば」は似ていなくもない。
栗本先生と接してから、そんな風に連想する愉しみを覚えました。

物語全体のおもしろさはまずまず。
圧倒的なイスラム教影響下にあるオデュッセイアという感じでした。
もっと原初的な神話を期待していたのに、と先生に伝えると、さらに古い時代から文字はあったはずだから、期待に応えてくれるものが必ずあるはずだとおっしゃる。

この探求は秋以降にとっておきます。


そんな風に一週間弱を過ごして、今日から臨港パークに入りました。
また劇団の日記を再開したので、詳しくはそちらを見てください。
http://karazemi.com/blog/

初めての方はもちろん、3月に花やしきでの公演を観てもらった方こそ、野外劇に設えを変えて東北を経たことで起きた変化をたのしんでもらいたい。
そう意気込んでいます。
[PR]
by nakanoatsushi | 2015-09-01 22:28