<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

千秋楽です。

千秋楽です。
短い公演ですから、あっという間に最後の日の朝になっていまいました。
休演日も無し。マチネとソワレが入り乱れる、実にせわしない公演です。

現場入りしてから、予定は押しに押しました。
計画していた通し稽古が流れざるを得なかったり、仕掛けがどうにもうまくいかなかったり、劇団員に体調不良者がでたり、直前まで理想の衣装を探し求めて都内を動き回りもしました。
難産の子です。

一方、劇の内容はとにかく明るくて、これは何人かにお話したことなのですが、自分も30代も半ばにさしかかって、いよいよ明るい劇を作るのが好きになってきました。
どうも20代は、暗いものを志向しがちでした。
ハッピーエンドなんて薄っぺらく感じたこともあったし、そんなのご都合主義じゃねえか、と。
でも要するに、あの時は現実がぬるかったんですね。
学生生活で親から仕送りもらっていたりすると、現実がふわふわしているから、暗いものがなんとなく深くて、格好よく見える。けれども、いよいよ自分が大人になって、ちょっとずつ世間に揉まれたりすると、作る劇の中ではせめて思い切り弾けよう、という気になってきました。

それで、いまやっている『青頭巾』です。
唐さんが30代前半に書いた3幕3時間ものの骨太さこそありませんが、痛快でキレ味のあるこの演目をやることが、いまの自分には面白くて仕方ないのです。
去年のトラック演劇を経てちょっとずつ芸人化してきている我が俳優陣も、舞台に立つのが実に楽しそうで、自分もあんまり肩肘張らずに、ノってノって、音響オペレートをやっています。
とにかく楽しいから、いろいろとアイディアも湧いてくる。
今朝だって今日の公演のための作戦を、かなりの量ノートにしたためました。
これから身支度を整えて家を出ます。
はっきりいってこの演目は今後もまたやりたいと思っています。だから最後まで粘りに粘って少しでも面白くなるように工夫したい。でも、一旦お別れであることは間違いありません。
大事に、けれども軽快さを忘れずに、この春公演の最後の一回に、これから全力で当たりにいってきます!
[PR]
by nakanoatsushi | 2015-03-25 08:30

休憩入れて2時間。

今度の劇の上演時間です。
休憩を入れて2幕2時間。
各幕を煮詰めていくうちに、時間も見えてきました。
全編を通して、キレ味のある痛快な劇です。

夕方から始まる稽古、人によっては深夜に及びます。
けれども、今朝も9時には集まって作業しています。
先ほどまで快晴だったのに、雨、それから雹まで降ってきて。

目下、心配事としては、衣装が間に合っていないこと。
それから、舞台に出てくる中道具が大きくて、いくつか現場入りしないと試せない仕掛けがあることです。
後者は仕方ない。前者は、集団作業で突貫しています。
あと、誰かご案内を送り忘れた人がいないだろうかと、ちょっと心配です。
本番10日くらい前はいつもこうです。

今日の夕方は、1幕を稽古します。
主人公2人の出会いの場面を、なんとかもっと良くしたい!
[PR]
by nakanoatsushi | 2015-03-10 11:03

もういちど1幕を。

3月に突入し、フルメンバーでの稽古がはじまりました。
稽古場も、広いスペースに移動し、原寸で動けるようになりました。
賑やかになったのと、これまで狭い場所で汲々としていたのが解放されたせいか、
舞台が明るくなってきました。

新たに加わったメンバーや帰ってきた丸山正吾を加えて、もういちど1幕からやり直しています。
ずいぶん本読みしてから乗り込んだ稽古ですが、ここにきてやっぱり発見がある。
科白を聴いているだけで黙っているキャラクターが実はすごく重要だったりする。
これが本読みではなかなかわからないことがあるのですが、立ち稽古でははっきりしてきます。
ああ、そうか!と気付いて全体を組み直すわけです。

昨日まで1幕。
明日あさっては僕が別の用事なので、皆で作業や自主稽古をしてもらって、
日曜日には2幕を塗り替えます。

そうそう。劇中歌の伴奏が揃ったことも、皆に勢いをもたらしました。
衣裳はいまだ不安が多いですが...。
心配事は尽きないけれど、加速度的に完成に向かっていることは確か。
自分よ、落ち着いてやっていけ!
[PR]
by nakanoatsushi | 2015-03-06 11:36

2月が終わってしまった!

嗚呼、嗚呼。
3月1日です。

インフルエンザの後遺症もおさまり(気管支弱し!)、気温の上昇とともに体は元気いっぱいになってきましたが、本番を前に毎日、不安に満ちています。
ネット上では強気であるべきですが、正直言って、毎日ハラハラしているんです。

2月中はずっとキャストが揃わないのが悩みの種でした。
テキヤの子分たちや警察官役がところどころに登場するのですが、これを担当できるものがいない。
募集をかけてみたものの、なかなか応募が集まらない。
やっと来て、これは良い人だ!とこちらが惚れ込んで相手も盛り上がったけれど、今度はプライベートな事情で予定が合わない。
という具合に一喜一憂する状況が続く中、本隊の稽古を進行させてきたわけです。
この問題は、ようやく月末になって、心強い援軍が来ました。
ありがてえ。
涙がでるような思いで、それぞれのメンバーを迎え入れました。
賑やかになった稽古場。うれしいなあ。

これから、今日まで自身の劇団ドガドガ+本番のためにこちらの稽古を中抜けしてきた丸山君も本格合流し、フルメンバー15人での稽古がいよいよ始まります。
2月中に一旦ラストシーンまで作ってあるので、もう一度最初から『青頭巾』を組み立て直す作業をこれからやります。
たくさん弱点はあるけれど、もうやるしかねえ。

しかし、衣裳は間に合うのか!?
劇中歌の伴奏は!?
小道具は!?

また近況報告させてもらいます。
これから1週間で2回は更新だ!
[PR]
by nakanoatsushi | 2015-03-01 13:34