<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

燃えすぎちまった。

インフルエンザです。
流行のA型。
先日、我ながら鼻息の荒い更新をしたものだが、あのあとすぐ発熱。
燃え過ぎてしまいました。

思い返せば、今年は劇団員の重村がやってくれました。
彼は年末の帰省後、自信満々でした。
「実家で予防接種やってきましたよ。」
ずいぶんと嬉しそうに語ってくれたが、1月末に発病したのです。
流行のA型に備えていたところ、B型に不意をつかれたらしい。
これには笑いました。申し訳ないけれど。

次に、先日、禿が発病。
彼女はバッチリ流行に乗りました。A型。
荷物を届けに隠棲する彼女の家に寄ったが、その時、見舞いを買うのを忘れました。
その時に自分の手には彼女の家の近くの魚屋で旨そうだなあと思って買ったホタルイカのボイルと鯛のアラがありましたが、当然、要らないと言われました。
結果的に冷やかしになってしまいました。

そして、今度は自分です。
感染が連鎖すると嫌なので、珍しく稽古を1日だけ休みにしました。
2009年の『下谷万年町物語』の準備中には、インフルエンザが連鎖して閉口しました。
週に2〜3人ずつ順々に撃沈していくのです。
あれには参りました。
あのとき、最後まで平気だったのは水に潜る役だった水野でした。
彼女もいまは一児のお母さんですけれど、とにかく丈夫で驚きました。
農家に育った人は違うなあと感心したものです。

今回はそういうわけで、かなり警戒しました。
翌日も、稽古は皆に任せて、自分は家でおとなしくしていました。

最近、「バラの匂いを嗅ぐのを忘れないように」という言葉を知りました。
たまには休みが必要だ、という意味だそうです。
ずいぶん匂いを嗅がせてもらいました。
明日からまた皆との作業に戻ります。

来週も1回は更新だ!
[PR]
by nakanoatsushi | 2015-02-21 00:38

散らかってきました。

稽古も佳境です。
今回は2幕ものを全席イス席の劇場でお届けします。

先日、渋谷で知り合いの新聞記者さんにばったり会って、声をかけられました。
「3月に公演なんだって。まだ、寒いよねえ。」

今回はいつもの花やしきでも、遊園地の中にある劇場「花やしき座」の中での公演です。
テントではありません。
ここ5年に渡ってお世話になり続けてきた浅草花やしきですが、私たちがテントを建てていた奥の駐車場に、今度新アトラクション「立体迷路」ができるのだそうです。
もう着工しているはずです。

図らずも、前回の『木馬の鼻 完全版』をもって花やしきでのテント公演は最後になってしまいました。
唐突な別れですから、名残惜しくて仕方がない。
まして『青頭巾』は花やしきを物語の舞台とした劇です。
どうしても花やしきで上演したくて、元忍者屋敷だった花やしき座での公演をお願いしました。
たまたまですけれど、暖房もありますし、全部イス席です。
これまで花やしきでの公演を応援してくださった皆様も、ぜひ私たちと一緒に、あの駐車場での別れを惜しんでください。

『青頭巾』は痛快な劇です。
これを景気づけに、また新たなテント公演場所を求めて彷徨います。
そのためにも、『青頭巾』では大いに騒いでおかないと。
稽古は難渋していますが、それもこれも、どの役者にも一線を超えさせるためです。

ブチ切れなくて、リミッターを外してしまわなくて、何が芝居だ。
命を完全燃焼させるための訓練を、毎日やっています。

週内にもう1回更新だ!
[PR]
by nakanoatsushi | 2015-02-17 16:05