<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

長野は雨。

長野に来て今日で3日目になります。

1日目、ピーカンのち夕方にゲリラ豪雨。
2日目、ピーカンのち夕方にゲリラ豪雨(最強)+カミナリ。
3日目、基本的に曇天+小雨パラパラ。

一昨日、昨日は昼間カンカン照りだったのに、16時ころ気付いたら雨雲に囲まれ、ドカンとやられました。おかげで作業はちょっと遅れ気味ですが、みんなで励んでいます。

大学2年生の時、同じ長野県の伊那に自動車免許の合宿に行ったときのことを思い出しました。
あの時は8月でしたが、晴渡る空から一転暗雲たれ込め、今回のような雨や、時には雹まで降っていました。

交互にくる直射日光と豪雨、農家のみなさんにとってはもっともありがたい天候でしょう。

今回の『夜叉綺想』では、信州から東京に押し寄せた一群の男たちが、「雨の男たち」と呼ばれています。科白には故郷を偲んで「雨降る里に帰りたい」とも。
それを地でいく天候が続いています。

「雨降る里」で週末公演するわけです。
[PR]
by nakanoatsushi | 2013-06-26 09:56

プレビュー終わり、長野へ。

横浜国大でのプレビュー公演が終わりました。
台風はそれてくれたものの、雨の二日間でした。

学生時代も同じ場所で同じように公演していたので、
舞台に出ている我々の年齢だけが変わっていて、不思議な感じがしました。
唐さんが昔「学生はスタディしながら観ている」とおっしゃっていましたが、
彼らのあまりに生真面目な眼差し、こちらのユーモアが伝わりにくいところも、見事に同じでした。
なかには、演劇そのものを観る行為自体が初めての人もいます。
初めてで、テントで、3時間で、『夜叉綺想』...。

終演後は交流会をしてけっこう盛り上がりました。

『鉛の兵隊』が終わったばかりの唐組の面々や、望月監督や、鷹さんも来てくれたので、その話からヒントを得て、来週以降のビルドアップ計画を練りつつ現在に至ります。

今日は荷造り。
明日の早朝に長野に出発です。
[PR]
by nakanoatsushi | 2013-06-23 21:17

公演はじまります。

初夏公演『夜叉奇想』。
今日から横浜国大でのプレビュー公演がはじまります。
朝起きてみたら強風。
のっけから嵐の中で口火を切ることになりました。

3幕もの。
台本ノーカットで2時間50分に仕上がりました。
あんまり知られていないが、こんなにすごい現代劇があったことを証明できる内容になっていると自負しています。
あとはみんなのコンディションに気を配りながら、いよいよ本番にのぞみます。
[PR]
by nakanoatsushi | 2013-06-19 14:57

今日から稽古を再開します。

先週の金曜日から稽古を中断して劇場をつくっていました。
約一週間が過ぎ、今日から稽古再開です。

土・日曜とテントを建て、
月・火・水曜で内装をつくり、
昨日は稽古再開前に軽く打ち合わせと段取り合わせを、と思っていたら、いきなり力が入って結局22時過ぎまで稽古してしまった。

舞台が目の前に整って来て、出演者みんなが揃うと、やっぱり少しでも前に進みたくなってしまう。
それで、ほとんど昨日から再会したようなものでしたが、やっぱり今日になってみると、さらに昂ってきます。

ここからの一日一日はものすごく早く過ぎると思う。
そして、舞台はそれよりさらにハイスピードで完成していくと思う。

前からたびたび言っていますが、自分は劇づくりのプロセスの中で、この行程が一番好きです。

大好きです!
[PR]
by nakanoatsushi | 2013-06-07 17:30