<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

現在進行中の仕事

8月半ばのイベントに向けて佳境をむかえています。
大学仕切りでやる現代美術の催しです。

一方で、秋の『大唐十郎展』に向けて、仕込みをしています。
これは以下の4部構成。

1.展覧会ーポスターや小道具など
2.劇中歌コンサート
3.映像の上映会
4.芝居の公演ー唐ゼミ☆『海の牙』

展覧会場とコンサート会場は決まりました。
あとは、上映会場と唐ゼミ☆がテントを建てる場所を決めにいっています。
コンサートの出演交渉もしているのですが、緊張しながらこれもけっこう面白くやっています。

詳細が公表できるのはまだ先ですが、楽しみにしていただきたい。

深夜は、ブルガーコフとマーラーにハマっています。
マーラーの3番をこの前ナマで聴きましたが、実際に聴くと全然違う。
感心しました。
[PR]
by nakanoatsushi | 2011-07-27 12:40

現在の活動

暑いと睡眠時間が少なくて済むので、とても便利。

現在の演劇活動は、台本読みと秋の公演組みがメインです。
気になる台本をいくつかピックアップして、舞台を想像しながら少しずつ書き込みを加えて読んでいくのが本読み。

一方、秋公演に向けての計画はというと。
この前上演した『海の牙』を追加でやることにしましたが、いろいろと趣向をこらして上演するために思案中です。
併せて「大唐十郎展」という唐さんの祭典を取り仕切ろうと思っているので、これに関するいくつかの事業の仕込みを、コツコツと行っている状態です。

さらに、別の仕事もいまやっています。
大学仕切りのイベントで、ポーランドが誇る現代美術会の巨匠 クシシュトフ・ヴォディチコ氏を招いて行う国際シンポジウム「アートと戦争」の準備が、佳境に入りました。

これは、シンポジウムの他に行う野外イベントが結構おもしろくて、外見を軍事車輛に改造したジープの上に積んだ巨大プロジェクターで、映像を建物の壁に投射しようというものです。
劇団のメンバーも助っ人に入り、いよいよ楽しくなってきました。

来るべき本番の日に備え、人目につかない山奥でこっそりとジープの上でプロジェクション射撃の練習をしています。
[PR]
by nakanoatsushi | 2011-07-16 21:32

片付けています。

今朝も早く起きてしまった。

原因は日焼けです。

千秋楽から一夜明けた昨日はセットやテント劇場の解体、いわゆるバラシの日だったのですが、劇団員の再三の指示にしたがわず、わたしは長袖を着ていきませんでした。
すでに訪れている夏の日光をナメていたのです。

まあ暑い暑い。

それで半袖を着ていたものだから、家に帰るころには腕がヒリヒリ言い出しました。
風呂のお湯の温度を5度下げても、いつもよりなお熱く感じる。

夜はなかなか寝付けず、早朝はいつもにも増して早く目が覚めてしまいました。

というわけで、今日はトラックで浅草に向い、搬出を行う日です。
明日テント幕のケアをしたら、『海の牙』もひと区切り。
[PR]
by nakanoatsushi | 2011-07-05 06:34