<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

地震のあと。

地震の当日は、散乱した稽古場や家の片付けに追われました。

劇団員の中には、家の中のものが微動だにしなかった人もいましたが、自分のテリトリーは比較的よく揺れたようで、本棚から落下したパソコンのモニターが割れたのが最大の被害でした。

昼間東京にいたために、何人か夕方にたどり着けなかった人もいたけれど、それでも集まったメンバーとは、劇中歌の練習をして帰りました。
意地で稽古は欠かさない。
いかに自然災害の日とあっても、一歩でも劇を前に進めなければなりません。
もっとも、そのときはまだ、こんな大事になるとは理解していなかったということもありますが。

それからは、毎日努めて淡々と稽古しています。
劇団員は全員元気で、一人休団中の佐藤くんが帰省中の岩手で被災しましたが、彼の無事も確認できました。

来月の終わりには、横浜国大でのプレビュー公演です。
東京公演は6月の下旬から。現在花やしきさんと調整中です。

花やしきも無事で良かった。
[PR]
by nakanoatsushi | 2011-03-22 22:23

3月になった。

『桃太郎の母』の初日から1週間。
あっという間に3月になってしまった。

三寒四温とはよく言ったものだが、それにしても極端すぎる変化に驚いている。

そして昨日は、映画ワークショップの方の上映会もあった。
場所はおなじみシネマジャック&ベティ。
今年は二館あるうちの大きい方でやらせてもらえることになったので、集客には力を入れた。
結果、138席の客席がきれいに満席になって、スタッフは立ち見で観ていた。
幸せなことである。
出来も良かったように思う。

演劇といい、映画といい、さらには他のイベントもたて込んだりして、ここ数年、年度末のスケジュールはいつも地獄だった。

今年は調整が上手くいき、学生たちのうちに優れた人材にも恵まれたので、細部まできっちりケアできたと思う。
だんだん歳も離れてきたので、結構みんなが気をつかってくれるようにもなった。
自分が大人になったことを実感し、これもまた嬉しい。

特に演劇で活躍した学生の何人かとは、来年はどうしようか、などと構想して盛り上がっている。
日常に帰りながらも、なんとかその意志を持続させたい。

あとは片付けや会議を残し、大学の予定はだいたいおしまい。
いよいよこれからがさらなる楽しみだ。

コツコツと行っている『海の牙』の準備も、実は密かに盛り上がりまくっているのだ。
[PR]
by nakanoatsushi | 2011-03-06 08:20