<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今日が最後の日。

今日、千秋楽です。
今朝も暑くて早起きしてしまったので、音楽聞きながらこれを書いています。

昨晩、本番中に面白い珍客がきました。
自分は上演中だいたい受付にいて、科白をききながら、騒音で迷惑をかけている近所の人たちに話しかけられた時の対応や、遅れてきたお客さんの案内をしています。

昨日、そこにフラリとやってきたのは、缶ビール片手に喋りかけてきたポーランド人のハルクさんという男性でした。
彼は37歳の駒形在住。お金がないので劇を見ることはできないが、浅草と江戸川乱歩が大好きで、ここが定番の散歩コースなのだそうです。
きけば、17歳の兵役時に93年のユーゴスラビア紛争に国連軍として戦地に赴き、その時にあった何がしかの事情で、ヨーロッパにいると刑務所に入らなければならない境遇だといいます。
以来、アメリカ、南米、日本とさすらい人で(彼自身が「さすらい人」という言葉をつかいました)、あと3年経ったら20年の刑が解かれるので故国に帰ることが出来るのだそうです。

日本語の上手い下手と酔いが重なってどこまで本当かは謎ですが、彼とは、アンジェイ・ワイダやタデウシュ・カントール、ブルーノ・シュルツやヴィトケヴィッチの話をしました。
ワイダを除いた三人は、ポーランド人でも理解する人が少ない。カントールの没後にできたミュージアムは外国人で満員だ、などと笑っていました。

他の酔客とは違い、ちょっと面白い人だったので、忘れないようにここに記します。

さあ、今日が最後の『蛇姫様』。
[PR]
by nakanoatsushi | 2010-07-19 08:12

2回目の休演日。

公演も残すところあと4日間。
台本が長くて難解なので準備が大変だったけれど、本番がはじまれば過ぎる時間はあっという間だ。

来週になれば、また次のことを本格的に考え始めようと思って、昨日から『下谷万年町物語』の新しい台本をつくりかけたりしている。

ずっと小説を読んでいなかったので、何かないかと思って本屋に行ってみた。
昨日はヘルダーリンの『ヒュペーリオン』を読む。
神話の時代に憧れている青年が住む古代ギリシャに憧れて小説を書いたヘルダーリンのいた18&19世紀に憧れて読んでいる21世紀の日本人。

人は過去に比べて現在が退屈だと思い込みがちだが、演劇の本番中は現在を謳歌したい。

今日からは新訳の出たドストエフスキーの『白痴』の第1巻を読んでいる。
そういえば、『蛇姫様』と同じ癲癇持ちの人が主人公だし。

好きで何度も読んできたものだけれど、新訳が徐々に刊行されるのは格別だ。
初出時の連載が偲ばれて愉しい。
訳の善し悪しはあるかもしれないが、続きを楽しみに待ってワクワクし、フルパワーで続刊に取りかかれるリアルタイムの楽しみだ。
今後数ヶ月間、これも謳歌したい。
[PR]
by nakanoatsushi | 2010-07-13 12:02

休演日に入った。

先月の末に浅草に入ってからは、一気呵成に作品を仕上げた。

なにしろ花やしきの裏手は午後9時までしか音出しをしてはいけないので(周辺にお住まいの皆様、いつもご迷惑をおかけしております)、皆で早起きをして、コツコツ稽古を重ねて行った。

レベルの低い音楽は淘汰され、芝居の全体が浮き彫りになることで初めて思いつくような演出をいくつも足した。何より、役者一人一人の戯曲理解、役柄への傾倒という意味で、『蛇姫様』は唐ゼミ史上最強の演目である。役者と役柄は、稽古を重ねるごとにどんどん自由になっていった。

私は、劇団公演を17回に数える現在に至って、ようやく台本を読むとはどういうことなのかを掴んだ感がある。
だから当然、役者たちも自分が何をしているのか、何をするべきなのか、一人一人が理解しながら動いていけるようになった。難しい台本だったけれど、この宝物のような感覚は、その難しさを解きほぐし続けた効能だろうと思う。この宝物のような感覚によって、これからの唐ゼミの作品は、以前とは全く違ったものになると思う。

とにかく以前とは風景が違って見える。
いま、台本を読むのが愉しい。

休演日に入って、『蛇姫様』はもちろん、秋にやる『下谷万年町物語』、さらにその後に上演したいと思う台本を読んでいる。

気づいたら、

家のクーラーが壊れている。
ワールドカップが終盤になっている。
劇団の関わった鴨居羊子展が終っている。

ことも、わかってきた。
[PR]
by nakanoatsushi | 2010-07-06 08:31