<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

デスクワークの合い間に。

今、デスクワークの合い間にぽっかりと時間が空いたので、気付けば10日も放っておいたブログを書くことにしました。

まず報告しなければならないのは、先日告知していた稽古場公演『恋と蒲団』が終わったことです。
全編で35分間の短い舞台でしたが、そのおかげで、久々にペース配分を無視した公演をすることができました。
最近になってようやく、きちっきちっと序破急や起承転結を意識した演劇を作ることができるようになってきました。
が、一方で、かつてのように冒頭いきなり盛り上がってしまう、途中も瞬発力の発露の連続といういびつな演劇もまた、なかなかオツなものでした。いや、愉快々々。

また、先般話題にしていた、『下谷万年町物語』の公演場所が決まりました。
こんなに早く場所が決まるのは初めて。なによりも嬉しい、そしてまた、ホッとしています。
さあ場所は決まった。今週にも日程を決めたら早速公表、という運びに、スムーズに進めそうです。

さあ、もうすぐ禿がやって来る。チラシを作るために禿がやって来るところです。
[PR]
by nakanoatsushi | 2009-04-27 22:08

いろいろなもののはじまり。

前回の更新から一週間ほどで、色々と事態が進展しました。

まず、稽古場発表として主に新入生を対象に行う『恋と蒲団』がグッと完成しつつあります。明日初日だから当然か...。
今回、純粋に「やってみようぜ!」と盛り上がって組んだ発表なので、これは作っている本人たちが一番楽しい公演。
唐さんの作品の中でもこの小品は、その規模ゆえに通常の公演にかけられることはないでしょう。こんな機会にしか上演できない作品です。。
一般の方にも開放している企画ですから、席数は少ないですが、よかったら見に来てください。

次に、秋にやる『下谷万年町物語』の公演場所が決まりつつあります。そのために様々な方たちに尽力いただきましたが、おかげさまで、過去の公演組みの中で最速のスピードです。ゴールデンウィーク明けには、日程とともに発表します。

最後に、夏横浜の開港祭に出品する企画『ヒルサイドに巨大バッタあらわる!!』の情報が公開されました。室井先生とともに挑む企画です。
リリースが公開されていますから、ぜひご覧になってください。
⇒http://www.yokohama150.org/y150/blog/file/20090414.pdf

というわけで、今年は夏に50人、秋に100人の人たちと作品をつくるわけです。
興奮して鼻血今にもでそうだ。
メンバーはいつでも募集しています。連絡を待っています。
[PR]
by nakanoatsushi | 2009-04-19 11:05

近況とお知らせ

最近やっていること。

『下谷万年町物語』の準備として
・読み合わせ
・公演場所探し
・オーディション
を行っている。

『開港150周年記念事業』のために
・プレスリリースづくり
・参加者募集のチラシづくり
・演出プランづくり
を行っている。

来週行う新入生歓迎イベント『アートイベンツウィーク』に向けて
・小芝居『恋と蒲団』の稽古
・オリエンテーションのための映像編集
・会場の仕込み
を行っている。

特に『アート~』は新しくお知らせする情報なので、もしよければ覗きに来て下さい。
詳細は次の通りです。

『アートイベンツウィーク』
場 所:横浜国立大学 教育人間科学部 第1研究棟 420号室
日にち:09年4月20日(月)~23日(木)
時 間:18時開演(会場は15分前)
料 金:無料
進 行:第一部小芝居 『恋と蒲団』
     第二部『ヒルサイドに巨大バッタあらわる!!』&『下谷万年町物語』オリエンテー          ション
連絡先:080-3152-2675(tel) 045-333-7185(fax)
karazemi@yahoo.co.jp(mail)

※要予約。会場が大変狭いので、事前にお知らせ下さい。
※全体で2時間ほどのイベントです。
[PR]
by nakanoatsushi | 2009-04-13 11:50

三月も終わり。

移動と観劇の一週間はなかなか面白かった。
特に長野から新潟に向かうと、あっという間に天気が変わっていった。
こっち側は晴天、あっち側は雪が積もっている。その境界線のあまりにはっきりしていることに驚いた。何とか帰ってくることができて本当に良かった。

横浜に戻ると観劇の毎日が始まった。
近畿大学のOBと学生による『少女仮面』を二日続けてみた。新宿梁山泊の『エビ大王』もみた。昨日は前進座劇場で望月六郎さんの劇団が参加したオムニバス公演も見に行った。これは特に会場全体に漂う熱狂が、まさに非日常だった。

動きながら、観劇しながら、かなりアイディアがストックされたので、これからまた自分の仕事にとりかかります。
それと、今日から毎週水曜の夜は野毛のバーにいますから、『下谷万年町物語』に出演希望の人は会いにきてください。
[PR]
by nakanoatsushi | 2009-04-01 09:01